外壁塗装には様々なメリットがある!│宅地造成や太陽光発電の情報も

作業員男性

土地の向き不向きについて

工事

所有する土地を宅地造成したいと考えている方は、少しだけ注意が必要です。というのも、宅地造成に向かない土地がいくつかあり、それらを造成したとしても土地の質が悪くなってしまう可能性があるからです。また、土地と言っても山などの傾斜地や、河川近くの土地などがあり、さらに実家の農業地を宅地造成したいという方もいるかもしれません。土地の状態は多種多様なので、それに合わせたやり方を選ぶことが大切です。むやみやたらに宅地造成してしまうと、かえって土地の価値を下げかねないので、自分の土地は造成に向いているのか考えておきましょう。たとえば、前述したように実家が農業をしていてその農地を宅地にしようと考えている方がいるかもしれません。それが水田だった場合、まずは水田という土地の性質を理解しておくことが大切です。水田は基本的に土地が低いことが特徴となっています。高地にあると農耕はしづらいので、必然的にそのような低地に水田が築かれることが多いとされています。また、稲作には水は必須なので、水がたまりやすいことも大切です。また、その結果、一年中湿気が高くなることがあります。このような特徴を持つ水田は、端的に言えば人間が家を建てるような宅地には向きません。水がたまりやすいということは、それだけ地盤が緩いということなので、家を建てると傾きやすくなってしまいます。最悪の場合は、倒壊する可能性もはらんでいます。また、湿気が高い場所は夏場になるとジメジメして、とても暮らしにくいでしょう。そのため、地盤の強化を中心とした造成を行なうことが必要になります。そうなると、それだけ費用もかかってしまうのです。宅地造成するときは、このように自分の土地が宅地造成に向いているのか、またその費用はいくらぐらいになるのかを想定しておきましょう。